スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝は忙しいのに・・・
夏は暑くて散歩が嫌なのかと思っていたが違うらしい。
どうやら朝はめんどくさい・・・らしい。

エルザ~行くよ!

散歩
行くの?

行くの!

散歩1
どうしても?

どうしても!

散歩2
仕方ないな~。よっこらっしょっと。

この前、散歩で会った人に「エルザ達は地震大丈夫?」と聞かれ、「全然大丈夫です!」と言ったら
「シニアになると鈍感になるんだって」と言われた。
う~ん確かにそうかも?と思ったけど。
近所の今年8歳になるコーギーは揺れる前から吠え始めると言っていたな~。
スポンサーサイト


防災グッズ
東日本大震災から10日が過ぎたが計画停電やガソリン不足などいろいろなことがおきている。
まだまだ行方不明の方も多く、被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

今回の地震を体験するまで地震の本当の怖さを知らなかった。
そして心配なのは被災地の犬や猫など動物達。
動物を飼っている人はきっと同じ気持ちだろう。
たとえ逃げることができたとしてもうちのように大型犬がいると避難場所にもいられないんだろうな。

そこでとりあえず自分で担げる分だけでも備えることにした。

防災
フード・水・ビニール袋・ちり紙・ウェットティッシュ・傷バン・テーピング
とりあえず非難できたとして、その後瓦礫の上を歩かなくてはならないかもしれないと思い、エルザのパットの保護として大きな傷バンとテーピングを用意した。


防災1
そしてぷうたんとりゅうを突っ込むバッグの中にリュックを入れて玄関に。
あっ!りゅうのフードを忘れてた。


防災2
ごめんよ~すぐに入れとくからね!
それからエルザのレインコートと水入れもだね。
後何かあるかな~。


防災4
どんな時もきっとエルザがぷうたんを守ってくれるね。


私にできることは?

私達は家族として犬や猫と生活しているから被災現場の動物達はどうしているんだろうと心配だ。

特定非営利活動法人動物愛護団体エンジャルスはすでに現地で救済活動をしている。

もしかしたら他の団体もしているのかもしれない。

私にできることはなんだろうと考えた・・・今すぐできることは義援金。

もっとできることがあるだろう?!と自分に問いかける。

勇気っていろんな時に必要なんだとつくづく思う。




地震
3月11日の地震は本当に怖かった。
3階建ての2階にある事務所に1人だった。入口のドアにつかまり外を見ていたがもうだめかと思った。
1回目の地震のあと走ったら30秒くらいの家に戻ったら・・・

写真はいずれも以前に撮ったものだけど・・・

地震
玄関に走ってくるかと思ったけど部屋を覗くとこんな感じで顔を上げて「どうしたの?」って感じの顔をしていた。

地震1
ぷうたんもいつものようにケージの中にいた。

地震3
りゅうは2階からトコトコ下りてきて「帰ってきたにゃ。ご飯くれにゃ~。」とスリスリしたきた。
私が留守で騒いだりしなかったからかえってよかったのかもしれない。

家中をまわったが2階の一部屋だけたんすの上から物が落ちていただけだった。

被災現場をみると本当に心が痛む。
小学生の女の子が「家もなくなり家族もいなくなって、今まで幸せだったんだなと思った。」
と答えていた。
10歳くらいの子供がこんな思いしているんだと思ったら辛かった。
自分のできることをやらなければいけないと思った。


リンダ
リンダと聞くと・・・
うらら~うらら~うらうらで~♪
か、
リンダリンダ~リンダリンダリンダ~♪
のどちらかが頭に浮かぶ・・・あなたはどっち?

さてと、昨年から新しい飼い主さんを探していたチワワのリンダ。
先日虹の橋を渡ったロッキーのママさんが「なんだかロッキーに頼まれた気がする」と家族に迎えてくれた。

リンダ5
ワタシね~リンダっていうの。よろしくね♪


リンダ2
顔は小さくてめっちゃ可愛いですが・・・かなりのメ・タ・ボ!!!
ぷうたんより重いかも。


リンダ1
私とロッキーママは自分のダイエットはできないけどワンコに関してはバッチりんこ。
早速ダイエット開始。きっとリンダは「ここんち貧乏なんだ~。ご飯すくなっ!!」って思っているかも~。


りんだ
初めてのお家でビビリちゃん。
そんなりんだが選んだ落ち着く場所はロッキーが使っていたベッド。
きっとロッキーが「ボクが守ってあげるよ。」って言ったんだ。


リンダ3
もう少ししたら頭がみっつになるかな~♪

ロッキーさんきゅう~。


訪問の後は♪
私はNPO法人すまいるわんのセラピードッグなの♪


ラン
誰かさんと違って何処の施設にも訪問できるのよ~。
昨日は視覚障害リハビリテーション施設に訪問したの。
この施設の利用者さんはとっても優しくナデナデしてくれるから私ったら思わずお仕事も忘れて眠っちゃうとこだったの。

ラン1
訪問の後オープンしたばかりのドッグラン「わんこイン」に連れて行ってもらったの♪
ここで今月からしつけ教室もやるっておかあしゃんが言ってたよ。

ラン3
私は遊ぶことしか頭にないから詳しいことはmaoさんみっきぃで見てね~。

訪問に行った仲間も一緒に遊んだよ。

ラン2
クーと子供のピースだよ。
ピースはまだ5ヶ月なんだって。なんだかもうママよりおっきい?!

ラン4
むくは訪問に行くといつも抱っこしてもらって気持ちよさそうだよ。
寝てばかりいるからちょっとま~るいの?!

ラン5
ビアンは訪問ではとっても大人しくてナデナデされているとき利用者さんをじ~っと見つめていたよ。
でもランに来たら飛ぶように走ってたよ。
クーとピースが追いかけてきてビックリしたの?!

ラン6
あ~おかあしゃんはまたやっちゃったね~。
朝からドッグランでお仕事していたマーブル王子のお顔が・・・

いつになったらまともな写真が撮れるでしょうか~。


血液検査
エルザもぷうたんも定期的に血液検査を受けているが、昨年1月のえるざの検査結果はよくなかった。


検査1
血中尿素窒素とクレアチニンの高値は腎臓機能が低下していることを示します。
①飲水量の増加 ②散歩で疲れやすくなった。 ③痩せてきたなどの症状に注意してください。
これらの症状が見られなければ3~6ヶ月後に再検査をおすすめします。
その他塩分を控え鳥のささ身は与えないようになどが書かれていた。


検査5
半年後の血液検査では更に数値が悪くなっていた。
総ビリルビン(肝胆道疾患)に関しては1月の検査では正常値だったのに高値になってしまった。
この後エコー検査をしたが肝臓・腎臓・胆嚢も異常はなかったのでホッとした。


検査
そして今年・・・なんと全ての数値が正常値になった。
総ビリルビンについては昨年7月0.5→0.08になった。


検査2
検査結果は郵送されるのだが封を切るとき神様に数値が悪くなっていませんようにと祈った。
そしたら悪くなるどころか正常値になっていた。
現在エルザちゃんは健康であると考えられました。と書いてあったのがとても嬉しかった。


検査3
昨年腎臓は一度悪くなったらよくはならないと言われた。
その時渡された療養食のパンフレットを見たら低リン0.3%のフードだった。
それからず~っとフード探しを何ヶ月もしてやっと見つけたのが「ホリスティックレセピー減塩」70%減塩でリンの含有量も0.5%
よくなった原因があるとしたらこれしか考えられないな~と思ったりしている。
でも一日2回食のうち1回は「ジェムペット」のフードを食べさせているからこっちもいいのかな~。

ゴールデンは血管肉腫や悪性リンパ腫になってしまう子が多く早期発見はなかなか難しいのが悲しい。
でもそうでないものは血液検査やDogドッグなどで早期発見ができるのではないかと思う。
とにかく寿命を全うし安らかな最期を迎えさせてあげたい。

まだまだ先なのに今からこんなこと考えたりしちゃ~ダメだよ!!
と、自分に言い聞かせる。





Copyright © ワンワンぷらすニャン. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。