スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


兄妹も元気♪
エルザには8頭の兄妹がいる。
その中で今でも連絡がとれているのはバニラ君とモス君と小梅ちゃん。
昨日写真を送ってくれたのでご紹介♪
(携帯の写真なのでちょいと画像がうまいことできなかった~)


バニラ
このブログにもよく登場するバニラ。この後お昼頃のカミナリにビビッたらしい。
身体は大きいけどエルザより気が優しくて小心者。
T君Mちゃんとも9年の付き合いになるね~。


モス
都内にいるモス君。
飼い主さんに赤ちゃんが生まれ優しいお兄ちゃんになりました。


小梅
山口県にいる小梅ちゃん。
もう7年半前? T君Mちゃんに山口まで連れて行ってもらったね~。
女の子は色が白くてエルザとよく似ている。

他の兄妹も元気かな~。来年は10歳記念で元気に集合できたらいいな~。

それにしても皆鼻が黒くていいな・・・エルザだけ間抜け顔やん!

スポンサーサイト


9歳♪
今日はエルザの9歳のお誕生日♪
(先日はぷうたんにお祝いコメントありがとう♪)

エルザをお迎えに行った日、女の子は2頭いるから好きなほうを選んでいいよと言われ大人しそうなほうを選んだ。
しかし、次の日から起きていると悪魔・・・寝ていると天使の日々が始まった。

そんなエルザも今はすっかりオバサンになり悪戯もしなくなって楽チンだけどお転婆娘のころが懐かしい。

エルザ~9歳の朝だよ~♪


9歳
眠いから起こさないで~。迷惑なんですけど。


誕生日だからお肉でも買ってあげようかな~なんて思っていたら・・・
この前お空にいってしまったリリのお父さんがケーキを作ってくれた。
昨年も作ってくれたのだけど今年はご自信が辛い時に覚えていてくれて本当にありがたいと思った。
私は主婦暦何十年だがご飯以外の物を作ったことがない!! ←決して自慢することではないけどもね。
だからリリにしてあげたことないのに、なんだか特に今年は申し訳ない気持ち。

朝はやる気のないエルザだったけどお昼にケーキをだすと・・・


9歳1
あ~また「待て」だわ~。
たまにはいきなり「どーぞ!!」って言えないのかしら。

この後食べているところを撮ろうと思ったら2秒で食べちゃった・・・

エルザ~まだまだ元気で頑張ってくれないとこの方が眠れなくなっちゃうからね。

9歳2

そしておかあしゃんのためにも長生きしてよね!!



8歳♪
今日はぷうたんの8歳のお誕生日♪

うちに来た4ヶ月のころ娘たちが言った最初の一言「可愛くない」・・・
でも今は「ぷうた~んいつからこんなに可愛くなったの~」

カット1
そうなんです。ボク可愛いんでっす!


カット2
あんよの毛が汚れるし邪魔~!っておかあしゃんが言ったから大きい姉ちゃんにサマーカットにされたボクでっす!


カット
いや~んお尻も可愛いね~ってご飯食べてるのにお尻の写真撮れらてるボクでっす!

おかあしゃんに「あ~めんどくさい奴!」って言われても、ず~っと元気で頑張るボクでっす!!


ジャパニーズボブテイル
りゅうのシッポは短い・・・というか丸まっている。
奇形なんだけどどうやら「ジャパニーズボブテイル」という公認されている猫種らしい。

りゅう姫
そうなの~私アメリカじゃ人気者なのよ~。

調べてみたら、1960年代後半にアメリカのご婦人が日本猫の素晴らしさに目を留め、本国にペアの猫を送ったことから始まり、日本ではお馴染み過ぎて人気のなかったジャパニーズボブテイルが人気者に。1976年CFA公認。さらに1992年にロングが公認されたんだって。

りゅう姫1
だからそう簡単にはシッポは撮らせてあげな~い!


筋肉質のスラリとしたボディで鼻は高くて長いらしいよ・・・たしか何年も前予防注射で病院に行ったとき獣医に「腹が床につきそうだな」って笑われたことあったよね・・・。
最大の特徴はなんと言っても丸まったシッポであまり柔軟性がないのは関節が融合しているためなんだって。


りゅう姫2
シッポ~じっとしててよ~。

性格はとても優しく穏やかでこの猫の右に出る者はいなく、環境の変化にも強く遊ぶのも好きで子供とも仲良くなる・・・らしい。

確かにうちに来る大型ワンコにも「シャ~」とか言って怒らないし背中の毛も立たない。
でも、この前娘の友達が5歳と3歳の子供を連れて遊びに来たとき、ちょいとしつこかったみたいで猫パンチをくれてやってた。

りゅうの誕生日って多分今頃。記憶が定かではないが多分16歳・・・
♪おめでとう♪
目指せ20歳!!


お母さんがいなくなると・・・
毎月第二木曜日は娘達が学生の頃カットモデルをしていただいたワンコ達のトリミングデ~。
ミニュチュアシュナウザーのクリフとシュウは同胎の兄弟。
毎回玄関で「入りたくないよ~」と頑張ってみる。
お母さんは「可哀相だけど終わったらすぐお迎えにくるからね~」と思っているだろうが帰ってしまうと・・・


クリフ
クリフ・・・何みてんだよ~。


クリフ1
まだ始めないならちょっと休憩しちゃおうかな~。


クリフ2
うん、そうしとこ。


シュウ
シュウ・・・お母さん行っちゃったな~。


シュウ1
やっぱりボクも休憩しちゃおうかな。


シュウ2
うん、そうしとこ。


お母さん・・・こんなんですからご心配なく。

トリミング後は?!・・・写真撮ってな~い!
っつ~ことで来月につづく・・・


教室のあとは
10日はNPO法人セラピードッグすまいるわんのしつけ教室が「ワンコいんDog Run」で行われた。


仕分け
エルザとビアンが受付嬢をしてるね。
皆さ~ん受付してね~。


仕分け1
あのね~エルザは受付の仕事してないの。
ちゃんと仕事しているのは私び~たんなの。

仕分け2
お~こちらにも可愛い受付嬢の三姉妹(左からりんか・そら・すず)がいたね~。
こっちですよ~って皆にアピールしているね。

そして、しつけ教室とセラピー犬育成教室の後、皆さんからいただいた支援物資の仕分け作業をお手伝いした。
教室後で天気もよく気持ちよかったのか・・・

仕分け3
マーブル王子・・・白目になっちゃってる?!

仕分け4
ビアン・・・受付嬢疲れちゃった?!

仕分け5
外で昼寝なんてめったにしないもんね~とっても気持ちよさそう。

仕分け6
珍しくエルザから離れてねんねしてるね。

皆が気持ちよさげにスヤスヤねんねしている中この方だけは・・・

仕分け7
久しぶりに連れてきてもらったのに誰も相手してくれないしっ!!
ぜ~ったい眠らないもん!!

柚っち~ごめんよ~。


お空のリリへ
ぷうたんの永遠のライバルリリが4月4日お空にいってしまった。

今年の1月に6歳になったばかりなのに。(写真は調度1年前くらい)
りり1

あまりにも突然に。

りり
エルザのことが大・大・大好きだったリリ。

先週の水曜日仕事から帰りバタバタとしていたらお散歩隊が来た。
ちょっと待っててね~と玄関を見るとガラスにリリの顔がぴったんこ。
早く~とドアをガリガリ。
それから急いで支度をしてお散歩へ・・・といってもエルザとリリが会ったら行く場所は決まっている。
二人で並んで暑くもないのにハァハァと息を切らし広場に着く頃には舌が横ベロ。

着いてすぐにリリのお父さんが「もうすぐ歯医者なんだ」と。
「リリはエルザと遊んでからうちでお預かりするのでゆっくりお迎えに来てください」と預かった。
こんなふうに預かったのは初めてだった。
帰り道リリはお父さんがいなくて少し不安そうだったがエルザがいるからいいかな~っていう感じで、家に着くとためらいもなくうちに入った。
リリはエルザのおもちゃ箱から次から次におもちゃを運んで遊んでいた。
お父さんが迎えに来るとまだ帰りたくないと少しだけ駄々をこねた。
これがリリとの最後になってしまった。

この後家に帰ったリリは思いにふけているようだったそうだ。
今日はエルザの家に遊びに行けたし思い残すことはないと思ったんだろうか。
次の日の木曜日に病院に行き、土曜日に脾臓摘出し、月曜日の夜お空にいってしまった。


リリとの6年間のいろいろなことを思い出しては涙がとまらない。
いつもお父さんが「リリ帰るよ」と言ってリードを引っ張ると絶対イヤ~と駄々をこねたね。
私が「リリ~エルザも行くよ」と歩き出すとサッと立ち上がってついてきたね。
並んで歩いていると時々エルザの顔をみて「楽しいね~」と言っているようだったね。
エルザもリリと会うと嬉しくて嬉しくて朝の散歩とは違う犬のようだった。

なんだかエルザの妹がいなくなってしまったような気持ちだ。
悲しくて悲しくてしかたない。

お父さんがリリが食べていた缶詰フードを持ってきたくれた。支援物資として送らせていただくことにした。

エルザはリリの分まで長生きして「エルザねぇたん来るの遅かったですよ!」ってリリに言われるくらい頑張るから首をなが~くして待っててね。


大事な家族は?
16年前阪神・淡路大震災の時、私は動物たちの心配をしただろうか・・・
無残に倒れた高速道路や瓦礫の中から救出される光景ははっきり覚えているが、動物たちのことは何も覚えていない。

東日本大震災から3週間・・・先日海で屋根上にいた犬が保護された。犬仲間と会うとこの話題が必ずでる。そしてその度に泣けてくる。よく頑張ったね!偉かったね!

阪神・淡路大震災の時うちにはすでに半分外犬のももちゃんがいたが、私の生活の優先順位は子供が一番だったと思う。今は胸を張ってエルザ達が一番! ←胸を張る必要はないけども。
最初の大きな地震の後すっ飛んで家に帰りエルザ達の「どうしたの?なんかあった?!」的な顔を見てホッとし、暫く経ってから「そうだ~娘たちは?」と思い、夫に関しては福島に単身赴任中なのに「何かあったら連絡くるか?!」・・・なんと冷たい鬼嫁!!

え~と・・・私が鬼嫁だということが言いたいのではなくて、16年前できなかった事をやっていきたいなと思うわけで。

私がお世話になっているNPO法人セラピードッグすまいるわんでは支援物資や義援金をお願いしたりしている。
先日会長maoさんと副会長は「仕分けして荷造りか~行っちゃう?」って仙台まで届けに行っちゃった。

現地で活動されている方々がどれだけ大変でご苦労されているか・・・私の想像をはるかに超えていることだろう。
きっと保護活動も長期になるであろう。私も出来ることをちょっと無理をしてでも続けていきたいと思う。

futari.jpg
おかあしゃんは年寄りだからあまり役に立たないんじゃないかって思うけど・・・

そんなに不安そうな顔しなくてもね~。




Copyright © ワンワンぷらすニャン. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。