スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大事な家族は?
16年前阪神・淡路大震災の時、私は動物たちの心配をしただろうか・・・
無残に倒れた高速道路や瓦礫の中から救出される光景ははっきり覚えているが、動物たちのことは何も覚えていない。

東日本大震災から3週間・・・先日海で屋根上にいた犬が保護された。犬仲間と会うとこの話題が必ずでる。そしてその度に泣けてくる。よく頑張ったね!偉かったね!

阪神・淡路大震災の時うちにはすでに半分外犬のももちゃんがいたが、私の生活の優先順位は子供が一番だったと思う。今は胸を張ってエルザ達が一番! ←胸を張る必要はないけども。
最初の大きな地震の後すっ飛んで家に帰りエルザ達の「どうしたの?なんかあった?!」的な顔を見てホッとし、暫く経ってから「そうだ~娘たちは?」と思い、夫に関しては福島に単身赴任中なのに「何かあったら連絡くるか?!」・・・なんと冷たい鬼嫁!!

え~と・・・私が鬼嫁だということが言いたいのではなくて、16年前できなかった事をやっていきたいなと思うわけで。

私がお世話になっているNPO法人セラピードッグすまいるわんでは支援物資や義援金をお願いしたりしている。
先日会長maoさんと副会長は「仕分けして荷造りか~行っちゃう?」って仙台まで届けに行っちゃった。

現地で活動されている方々がどれだけ大変でご苦労されているか・・・私の想像をはるかに超えていることだろう。
きっと保護活動も長期になるであろう。私も出来ることをちょっと無理をしてでも続けていきたいと思う。

futari.jpg
おかあしゃんは年寄りだからあまり役に立たないんじゃないかって思うけど・・・

そんなに不安そうな顔しなくてもね~。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


確かに!阪神淡路大震災の時は、ちょうど成人式でした。(歳公開してどうする!?笑)
まだマーブルに出逢っても無く・・祖父が神戸出身だったせいもあって、知合いの安否確認に追われてペット達への意識はゼロに等しかったなぁ~!
そして、こんなに泣いた記憶もない。。。
あれから16年後、動物愛護の活動に時間とお金を費やしている自分は想像出来なかったです!笑
少しずつ応援しようね。
追伸:福島のレスキューはボランティアに対して、初めて親に反対されました。。。そりゃ分るけどさ☆
mao | URL | 2011/04/04/Mon 20:46 [編集]
思い出してみたら、阪神淡路大震災の時は外犬黒柴の清君がいたけど、購入したのは普通の石油ストーブ。
電気ガスが止まっても困らないように。
そして、中越地震の時はすでに3姉妹ダックスがいて、購入したのは、避難所に行けない事が解り、テントやランタン(寝袋は前から持っている)。そしてワンコのために水2ケースを必ず買いおき。

変わりました~。

今回は同じ様に被災地のわんこ達に涙しています。
そらパパ | URL | 2011/04/07/Thu 22:45 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © ワンワンぷらすニャン. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。