スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お空のリリへ
ぷうたんの永遠のライバルリリが4月4日お空にいってしまった。

今年の1月に6歳になったばかりなのに。(写真は調度1年前くらい)
りり1

あまりにも突然に。

りり
エルザのことが大・大・大好きだったリリ。

先週の水曜日仕事から帰りバタバタとしていたらお散歩隊が来た。
ちょっと待っててね~と玄関を見るとガラスにリリの顔がぴったんこ。
早く~とドアをガリガリ。
それから急いで支度をしてお散歩へ・・・といってもエルザとリリが会ったら行く場所は決まっている。
二人で並んで暑くもないのにハァハァと息を切らし広場に着く頃には舌が横ベロ。

着いてすぐにリリのお父さんが「もうすぐ歯医者なんだ」と。
「リリはエルザと遊んでからうちでお預かりするのでゆっくりお迎えに来てください」と預かった。
こんなふうに預かったのは初めてだった。
帰り道リリはお父さんがいなくて少し不安そうだったがエルザがいるからいいかな~っていう感じで、家に着くとためらいもなくうちに入った。
リリはエルザのおもちゃ箱から次から次におもちゃを運んで遊んでいた。
お父さんが迎えに来るとまだ帰りたくないと少しだけ駄々をこねた。
これがリリとの最後になってしまった。

この後家に帰ったリリは思いにふけているようだったそうだ。
今日はエルザの家に遊びに行けたし思い残すことはないと思ったんだろうか。
次の日の木曜日に病院に行き、土曜日に脾臓摘出し、月曜日の夜お空にいってしまった。


リリとの6年間のいろいろなことを思い出しては涙がとまらない。
いつもお父さんが「リリ帰るよ」と言ってリードを引っ張ると絶対イヤ~と駄々をこねたね。
私が「リリ~エルザも行くよ」と歩き出すとサッと立ち上がってついてきたね。
並んで歩いていると時々エルザの顔をみて「楽しいね~」と言っているようだったね。
エルザもリリと会うと嬉しくて嬉しくて朝の散歩とは違う犬のようだった。

なんだかエルザの妹がいなくなってしまったような気持ちだ。
悲しくて悲しくてしかたない。

お父さんがリリが食べていた缶詰フードを持ってきたくれた。支援物資として送らせていただくことにした。

エルザはリリの分まで長生きして「エルザねぇたん来るの遅かったですよ!」ってリリに言われるくらい頑張るから首をなが~くして待っててね。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


堪えられず泣いてしまった・・・。
エルザの事大好きだったんだね。最後に遊んだのもエルザって事かなぁ?
エルザは追いかけずに、皆の分しっかり生きるんだよ~!
しぶとい婆さんになるまで( ̄▽ ̄;v
日曜日丁寧に物資の梱包しましょう♪
mao | URL | 2011/04/08/Fri 11:19 [編集]
リリちゃんのご冥福をお祈りします。残念ですね。楽しかった想い出を、沢山ありがとうって言ってると思います。
rin | URL | 2011/04/08/Fri 18:18 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © ワンワンぷらすニャン. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。