スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やれることは・・・

だいぶ前から後ろ足が弱り薬を飲んだ後は特にヨレヨレ・・・

それでも、頑張って歩き自分で食べトイレも行っていた。

自分で食べるといっても最近は日ごとに量が減っていき弱弱しくなってきた。

16日㈬から頭が下がり顔が左に傾いてしまった。

それでも何とか自力で歩くが途中で倒れたり。

17日㈭からは自力で歩くことができなくなりカリカリフードも食べられなくなった。

今は猫も長生きになり20歳以上のフードも色々あり、ペーストの総合栄養食に切り替えた。





目も閉じられなくなっちゃったよ。

もう限界なんだろうと思ったが娘達がとにかく一度病院に連れていきたいというので18日㈮に行ってきた。



DSCF1324_convert_20160320122145.jpg
体重は1.6キロだった。一昨年ご飯をあまり食べなくなり猫生初の血液検査をしたときは多分3キロくらいだった。

先生に「まだやれることがあれば」と言ったら、「もう十分にやってますよ。家でここまでやってもらえてこの子は幸せだと思います。正直ここまで頑張れるとは思っていなかったです。」と・・・

これまで通りシリンジで薬を飲ませ皮下注射を続け、食べなければ無理に食べさせることはしないということにした。

でも顔の傾きがちょっとよくなり、動こうとするときに支えてあげれば自分で足を動かし水を飲みペーストもなめ、トイレもまだちゃんとできる。


ぷうたんの分まで頑張ろうとしてくれているのだろうか。

ぷうたんもこんなふうに傍にいたかったなぁ・・・

スポンサーサイト




Copyright © ワンワンぷらすニャン. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。